モスカップヌードル

トイレ紙残量が少ないので買い入れに下の全聯に行ったのだが、いつもの舒潔ロール紙がない。のみならずロールタイプ全滅。
アレかね、一律大陸製で在庫切れなんかね。大陸使う以上ヘッジは常識だと思っとったがそうじゃない業界があるんだな。
やむを得ずティッシュタイプを調達。

前回あった投げ売りナッツ、まだあれば買おうと思ったんだが残念、無し。
まぁこれはしゃーない。半額以下だったしなくても当然と言えませう。

続いて、なにか良い投げ売り品とか面白いものとかないかとさらっと見て回ったところ、

ありゃー、カップヌードルモスチキン味とシーフードライスバーガー味であるか。
香港日清製なので大外しはしていないと思うので試してみたい気はするが、高いわ。
ただ分量は香港カップヌードルのレギュラー品より若干多いので、不当に高いってほどでもない。絶対値としてカップ麺にNTD42は花雕雞麵クラスじゃなきゃ出せない、っちゅうことであって。

なおどん兵衛やUFOははるか法外に高くNTD70とか。まれにある投げ売り時しか買えんわ。
ただこれは代替が効かないので、どうしてもほしいときにやむなく買うこともある。とはいえ数年に1度とかだが。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください