さば味噌煮缶

今日は定例出荷日の星期一。まー実は今日は台灣からの出荷はないんだけど、既存手段の新対応地域やスト等遅延要因の確認とか日頃の粗末な対処への不満を訴えるべく窓口課長を訪問。
んで毎週恒例の焢肉飯とか寿司とかでの外食or持ち帰りの夕食となるのだが、今日は買い忘れのティッシュとか仕入れるためにまずは全聯へ。

でね、その全聯ですっごいもんを見つけてしまって夕食計画が吹っ飛んでしまったのでありますよ。

コレだ、さば味噌煮缶。
魚缶はサバやサンマ、うなぎにマグロなどあるが、仕立てはトマト煮・紅焼・オイル漬けなどで鯖味噌なんてもんはなかった。
まぁトマト煮も美味いんだけど、やっぱり水煮や味噌煮が欲しいとは15年に亘り思い続けておったがついに現れましたよ。

過信はいかんがでも即時購入、夕食はコレにしてみることに決定。
なお値段はトマト煮と同額。

さて、開けてみんべし。

うーんうーん、味噌が薄いよぅ。こりゃダメっぽいか。
しかし匂いは割と良い感じ。案外イケるかもしれん。

実食の感想は、やっぱ味噌薄い。コレはちーとさば味噌ではないやね。
ただ、サバ缶としてはなかなか美味いのでアリっちゃありだ。
匂いと味は割と鯖味噌風味になっていて、姿はないが生姜も効いているような感じがある。
これは自前でさば味噌の味噌だれ用意してちょっと追い煮するとかなりさば味噌煮缶になるかもしれん。まーそこまでやるなら缶詰じゃなくても、って話になりかねんけども。一度やってみるかな、3缶セット売りだったからあと2缶あるし。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください