唐辛子問題

辛い系調味料では、
わさびは普通に入手できる、っちゅうか日本に輸出しているらしいし。
からしは極稀に全聯など一般スーパーで見かけたときは買うが基本諦め気味。先日熊本で柚子胡椒を買ってきたし、全聯でほぼ常備状態なので柚子胡椒とマスタードでごまかすことにした。
タバスコはフツーに手に入る。が、ここ2年はインドネシアのチリソースを気に入って常備しているのでこれでOK。
胡椒は充実しているし、カレー系の香辛料も入手容易なのでOK。

ただね、ここ半年くらい唐辛子(鷹の爪)に困っておるのよ。

以前は家樂福に干し唐辛子があったのだが、どうしたわけか最近無いのだ。
皆無ってわけじゃなく、ごく少量のパックしかない、という状態。このパックはせいぜい10本くらいしか入っておらずコスパ悪し。
なお生唐辛子は普通にスーパーでも市場でも手に入る。以前はコレを干して使うのもやってみたのだが、うまく干し上がらなくてな。
生のまま使うのもやってみたが、カレーなどの辛味を増すとかにはOKだが、ペペロンチーノとかは別物が出来上がってしまって遺憾でいかん。

全聯に南韓から輸入のクラッシュペッパーが2,3種あるのだが、これが唐辛子としてはダメなのだ。
まぁクラッシュペッパーな時点で辛味が薄いのは覚悟して試したものの、色だけはものの見事に赤いんだが辛味があまりに薄すぎ。直にモリモリ食えばそりゃ辛いんだが、そんな使い方したらコスパ悪いし色が赤くなりすぎでおかしなものになってしまう。
2,3種全て試して全滅なので、こりゃもう通販で買うかミニパックまとめ買いか、と悩んでいたのだが、最後に家樂福で見つけたベトナムのクラッシュペッパーを試してみることに。

モノはこやつ。高さ10cmくらいのプラ瓶。
クラッシュ具合は南韓モノ以上に細かく、なんか期待できない感じよね。でも困っているし割と安かったのでとりあえず試すのだ。

というわけで期待はなかった。のだが、コレ、スヴァラシく辛い。
最初はカレーで試したのだが、いつもの10食分に大さじ1杯入れたら過去最も辛いカレーになりよった。あぶねぇうっかり南韓モノ同様に大さじ3,4杯入れてしまうところであった。
次にペペロンチーノをやってみると、真っ赤っかになっても辛くない、なんてことはなくちょっとの投入でしっかり辛く色は少し赤みが付く程度、とヴァッチリだ。
クラッシュペッパーなので見た目的に唐辛子が見えないという欠点はあるがそれはまぁOKだ、良いものを見つけたなり。

今後、干し唐辛子が見つからない限りコレを使って行きたいが、常備販売されるかどうかが問題だな。
多分2月末辺りにはなくなってしまうのでそのときに手に入るかどうか。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください