京都屋閉業

そこにあるのが当たり前的になっていた天津街の京都屋、営業終了なのである。
9月下旬頃に入口に中文と日本語でその旨文書が張られていたが、日本語のほうは改装/移転みたいなことが書かれていて中文では終了となっており、続報を待つうちに今週から解体が始まってしもうた。

高級鰻屋は他にも数多増えたし、安価に行くならすぐ近くに老舗な肥前屋があるので行くこともなくなっていたが、出張来台の頃から稀に行ったし、移住後住居決定日の昼食はここだったのでなんとも残念ではあるのぅ。

この辺は日本人向け酒場以外は変化の少なめな場所の印象だったが、マンション建ったり串カツだるまの終了とか大きく変わることが増えた感じだな。
なおその串カツだるまのあとには改装後果物屋が入ったのだが、その果物屋も2週間ほどシャッター閉まりっぱなし。
特に何も掲示とか出ていないが、ここも終了かねぇ。次は何が来るだろうか。希望としては珈琲屋に来てほしいな。向かいのCamaはコーヒー自体は良いのだが営業スタイルや態度が悪くてな。Google等の口コミ評判も悪いのに一向に直さんし。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください