丼屋台

近所の屋台、前回触れたおでん屋のあとに入ったのが丼屋で、Facebookページを見ると4台チームで新北市台北市の方々に出ているようで、ここはそのうちの1台らしい。

評判も良いので、ちょっと一発試してみることに。

メニューは後で写真を挙げるが、牛丼とか親子丼とか焼肉丼とかがある。
今回は無難に親子丼にしてみた。

卵を固めるか半熟にするかを聞かれた。こっちでは”半熟”というと黄身だけやや柔らかめ、という程度のものになるので聞かれ方は「温泉卵にするか」という言い方だが。
好みとしちゃその”温泉卵”だが、初回だしここも無難に固めてもらった。

ものはコレ。
すっげぇつゆだくですな。コンビニ弁当同様飯と具材が分けられているので、つゆだくを好まぬワシとしてはまず汁をきってから載せるわけだ。
ついでに死蔵状態な一味を山程かけてみた。

味はなかなかのもの。まー親子丼はそんなに外れないんだけどな。
ただ気になったのは、鶏の他に豚肉も入っておる。完全な親子丼ではないな。
でもそれはそれで、うまかった。次回は”温泉卵”版にしてみたいところだが、その前に評判上一番人気の”骰子牛肉丼”をいってみたい。NTD120と高いんだが。

カテゴリー: 台湾生活, 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください