什器整備

先週は火曜夜から高熱、翌日は休業して備えたつもりが深夜から翌早朝にかけ左前下腹部が酷く痛み全く寝られず。熱も高熱ではなくなった程度でガッツリふらつくくらい残っていたので更に1日休業。となると7日は端午節で休日なのでほぼ一週間の休みとなってしまったのであった。

まぁ休みったって昨日まではハライタイでこもりっぱなしだったので全くもって楽しくもなんともなかったんだが。

とはいえ昨今時間の取りにくい中貴重な休みではあったので、せっかくなので多数出ている住環境の気になる点を一部修繕しておくことに。

まずは照明。
接待スペースの照明4つのうち1つが切れてしまっていて、テーブル直上の部分なので暗くてかなり気になる。

このタイプなので。おそらく制御部故障だ。
以前にも変えたことがあって、その際寿命と総額の面からこんな一体型LED灯にしたんだが、結局高くつくんだよなコレ。
ほいでそれ以降はE26電球金具の器具に入れ替えてきたのだが、コレが残り2つのうち1つ。

コレについては自分で買ってきて交換しても微々たる値差しかないので、いつものように水電行に来てもらって交換。器具ごと交換なのでNTD1200だが、まぁやむをえまい。今後は電球交換で済むのでLED灯でもNTD100程度で済むというもの。

最後の1箇所も変えたいのだが、まぁ壊れてから、ということで。

続いて玄関ドア。
ドアと壁側枠に全周3mm – 5mmくらいの隙間があって、クーラとかつけてもここから冷気が漏れる。実感としてはドアの隙間から熱風が吹き込む感じだな。
んでさらに、ここ17階だというのに先週2匹も件の御器かぶり野郎、イニシャルGが現れよったのですわ。
体調最悪で動けないのに2匹も見るとはこりゃ大変。

トラップがなさそうな排水口は先年あらかた塞いだので、侵入経路は窓かここ玄関が濃厚。ただ先週は窓も締め切っていたので、此奴等は玄関ドアの隙間から入ってきたのではないかと推測。

ということで、冷気漏れと虫侵入対策でこの隙間を埋めることにする。

実はもう大方剥がれているが、以前もこの隙間を埋めた形跡がある。
ただ、その埋め方は、

こういう貼り方で、厚さ5mmくらいのクッションテープを貼ってあった。
しかしコレだと、赤矢印方向にドアが動くのでいかにもすぐ剥がれますわな。まー隙間が大きく見えるのはこの部分なので、こう貼りたいのはよく分かるんだけど、ラッチやロック部には貼れないからそこから冷気漏れや虫侵入を許すことになる。

そこはそれ、せっかくこういう構造なら、

こう貼っておけば、はがれにくいし全周に貼れるし宜しかろうかと。
まぁ欠点は、クッション厚みでドアが浮くせいでラッチがかかりにくくはなるけども。

そんなわけで近所の雑貨屋で10mm幅3mm厚のクッションテープを調達。5mm厚が目標だったんだが、なかったのでしゃーない。重ね張りしてしまおうと。
んで、ぐるっと全周2重貼りして完了。
案の定ラッチがかかりにくくなったが、ちっと押す/引くすればかかるのでまぁOKぢゃ。

以上で今回は終了。
他にも、クーラー問題やトイレ問題、シャワールーム問題や洗濯機問題、カーテン問題とあるのだが、そのへんは追々。
とりあえず直近、主力機Macbook Proのキーボードがダメダメで修理に出さんとめっちゃ使いづらいのでそっちをなんとかしたいわ。
相変わらずGenious Barの予約は全く取れないので、明日辺りひとまず電話かChatで挙げようと思う。ワシも賛同サインしたあの対処運動のせいで交換プログラムが動いたんだし、状態を伝えりゃすぐ交換対処の提示が来るだろ。まさか前のようなウダウダゴネゴネ繰り返し修理で2年経っても改善なし、なんてことにはならんだろう・・・と信じたい。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください