按摩屋の主

日勤のオフィス隣のマッサージ屋に犬と猫がそれぞれ飼われておって、誰か従業員が連れてきているというような形ではなく日夜店前に居るので店が本拠地、自宅であるようなのだわ。

ところがだ、年頭あたりからいなくなってしまったんだな。
いなくなって2,3週間は寝床はそのままだったんだがやがて撤去されてしまって、何があったのか気になっておったわけですよ。
見るからに老体だし、消化器系ぶっ壊して医者通いだそうだし。

で、今朝のコーヒー買い出しで店前に来てみると、

復帰

おぅ、復帰ぢゃね。無事で何より。
夜にならないと動き出さないのは相変わらず。いなくなる前は服を着ておったが、もう要らんらしい。

なお今日は、16:00頃にタクシーに乗って何処かへ。帰宅、ではなくて今までいた別宅に向かったか通院か。
何れにせよタクシー移動とはやりよるな。

猫の方はしっかり日々店脇で餌食っておった。

此奴も年いっているっぽいがまだ元気。口数の多いやつなので多分オスだ。
人通りが多いのは嫌であるようで、普段はビルの谷間に居着いていて、餌の際にだいたい店脇のこのへんに現れる。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

3 Responses to 按摩屋の主

  1. まさし のコメント:

    台湾の方は犬好きの方が多いですね。
    新光三越の南西店の近くでリアルライオンカットで服を着せてもらっているゴールデンとか居ました(かなり前)。
    タクシーも運転手さんがワンコ同乗させてたり。
    そういうのを見ると台湾はとても安心して観光できるところだなーと思います。

    ※温泉でモーホーさんたちが屯していたり怖いところもありましたが(⌒▽⌒)

  2. Pote のコメント:

    まさし様こんばんは。

    あー、おりしもこのエントリの犬、今日から黒ライオン化しました。
    ちょっと分かりづらいですがこんな感じで。
    https://s3-us-west-2.amazonaws.com/potechjp/images/IMG_20190429_094139.jpg

    犬の扱いは英国並みにラクで、我が”家族”の存命中は快適に過ごしておりました。
    東京時代はいろいろキツかったので、移住してつくづく良かったと思った点ですね。
    移住後数年は、出張で預けに行く際に普通にタクシーに乗せておりましたし。

    > 温泉でモーホーさんたちが屯していたり怖いところもありましたが

    各地にところどころ”ハッテン場”があるのでやや要注意ではありますねぇ。

  3. まさし のコメント:

    黒ライオンの勇姿拝見しました
    可愛いですね。
    写真ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください