不達返送の引き取り方法

1,2週ほど前だが、外出から戻ってくると件の”郵便物取りに来なさい通知”が入っていた。
あーまたドイツか、と思ったが、Waybill番号で状態を検索してみたら半年前にスリランカに送った製品だった。
なお、直近でドイツに送ったものはまた1件ドイツ内で止まっていて、コレもまた高い返送費請求付きで戻ってくるであろう。あー嫌だ嫌だ。

んでまぁしゃーなし、時間が取れた昨日引き取りに行ってきたのだけど、例のごとくなんかひどくてね。つくづく行きたくねぇと強く思った。あーイヤダイヤダ。

呼び出しを掛けているのは板橋莒光郵局(板橋6支)。
ここは小規模な支局なのだが、今まで3回引き取りに行ってすべて必要な文書等や手続きが違い都度文句を言われ腹を立たされるというヒドい有様でホント困るし嫌なんだわ。
板橋文化路郵局(板橋901支)ならまだ話が通るし、窓口客員の要求がまちまちになっても即後ろの課長に確認が取れるので何度ももめることは少ないんでこっちのほうがまだ良いんだが、残念である。

過去3回、どんなことになったかというと、

1回め : 引取者個人の写真入り身分証を持ってきなさい
発送者”Potech”で呼び出されており、企業なので身分証などない。登記書ならあるが写真などついていない。あるわけない。
まーどうもならんので陶器文書その他諸々に大小章発票章、発送時のInvoiceなどなどありとあらゆるものを持ち込んだが、結局要求されたのは”引取者の身分証”。ほかは何もいらない。
大荷物持ち込んで時間も取られたのにそれで済むとはがっかりだ。
しかしアレだ、引取者の身分証だけで良いなら他人の信書をかすめ取るのもヨユーってことだな。悪用し放題。
問題起こったことないのかね。
もちろんこのときに、ワシがPotechと無関係の盗人だったとしてもモノを渡すことになるがそれで良いのか、と突っ込んでみたが、呆れと立腹半々な感じで「なんで私達とこうも考えが違うんだこの(キチガイ的)外国人は!」とか言い出しおったので即時退散。

2回め : 登記文書を持ってきなさい
1回めに準じてほぼ手ぶらで行き、普段持っている個人身分証を出したら、「発送者名と引取者名が合わない」などと混乱し始める。
当たり前だろそんなん。
で、結局最後に「会社の登記文書を持ってきて関係を証明しなさい」ときた。
おーい・・・前回そのために突っ込んだんだろうよ、その時に「キチガイ外人の相手はできん」とか言い放ちおったのは貴殿ら優秀で常識的な郵局スタッフじゃねーか。
やむなく戻って登記簿を持ち出して再訪し引き取り。

3回目(今回) : 大小章を持ってきなさい
2回めに準じて個人身分証と登記簿を持ち込んだが、登記簿はひと目で却下返却、個人身分証だけ見てまたぞろ 「発送者名と引取者名が合わない」などと混乱し始める。あーもーなんなんだよ。
そもそも過去の経緯から嫌々来たこともあって任せて放置していたところ、今度は「大小章もってこい」ときた。
「なんでこういつもいつも要求物が違って、一度戻って再来せねばならんのだ、本当の規定はどうなっているのだ。」とうっかり口をついてしまった。
するともう大変、怒り口調で否定と”オレがそれを求める言い訳(規定ではない)”を目も合わせず長々演説を始めるので、ここは無視して退散。
何故か、返送料の支払い及び証明書発行・受領サイン・現物の受け取りすべて完了していたので退散でもOKだろう、と。万一何かあれば身分証の記録からなにか連絡が来るだろうし。

これだ。
何なんだろうなホント。
もうホント行きたくねぇよぅ。でもまたドイツから返ってくることがほぼ決まっているよぅ。配送時間にオフィスに居ることなどまずねぇよぅ。
・・・また行かにゃならんのだろうな、モメるために。しかも1件につき2回。あーつくづく嫌だ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください