水回り整備

またまた今度は2ヶ月もエントリなし。いかんですな。
もちろんその間もいろいろ、来客ご案内で北部小旅行したり問題が積もった水回り一括修理したり東京行ったりBoot Campに再挑戦したり等などいろいろ挙げるネタはあったのだが、何分にも時間が惜しくてのぅ。
しかし放置はいかんですわ、記録の意味がなくなる。ちっと義務感持って挙げていくようにしたいところですよ。
多忙中の待機時間を使ってエントリ挙げたりするとそれを見た多忙の件の依頼主が「んなくっだらねぇこと挙げている暇があるならさっさと動けよアホが」などとお怒りになることもあるが、まぁそこはそれ。
仕事は一人でやるもんじゃないんでな、外注先にしろToolにしろ、相手の処理待ちにやることを止められるいわれもなかろうて。その待ち時間にワシが動いたってご希望の結果は出しようがないんだし。

実は今もちーとトラブっておりまして。数件の回答待ち。
しかしアレよ、國慶節で11日までできることは各先方の回答パターンに応じて次の手を考えておくことくらいなので、まずはこの数日を使ってエントリ挙げのクセを回復したいところ。

さてそんなわけで表題の、水回り整備ネタを早速。やったのはもうだいぶ前なんだけどな。

オフィス物件も入って7年になり、予ての問題から登記上の自宅には居られないので”泊まり込み”状態で数年経っておるわけで、いろいろ問題が出てきておりますわ。
以前挙げたクーラーの問題やブラインド破損などはまぁとりあえず放置しておいてもそれほど大問題ではないのだが、湯沸かし器の漏水は重い。
今は、普段は元栓から閉めておき使うときは漏水を桶にためておく、という策でごまかしているが、先般うっかり使った直後に入った用事で元栓締めを忘れ、桶から溢れた水で階下から苦情が入ってしまった。
加えて、洗濯機の排水管が劣化して穴だらけになり、応急処置ではどうもならず排水時に常に漏れるようになってしまった。これもやがて階下から苦情が入るであろうので即時なんとかせねば。
そこでこの2点を緊急でなんとかすべく、水電行、つまり修理屋を呼んだわけで。

他、同じく水回りで近隣への影響がないので放置していたことが2つ、

– トイレの水が止まらない
タンクに水が貯まれば止まるのが正常だが、それが止まりきらず常時チョロチョロ流れている状態。
なんとももったいない話だし、カビが生えるので直しておきたい。

– 洗面台排水漏れ
以前、どうも詰まり気味に感じていたので詰まりを除こうと圧をかけたら、排水が漏れるようになってしまった。
汚水で床が汚れシミになるので使用停止にしたが、できれば修理して使えるようにしたい。

これらを合わせ、修理したい点は4箇所だ。
早速水電行へ連絡だが、夜なので電話ができない。んで探ってみると、Facebookで呼べそうな水電行を見つけたのでMessageを出してみたところ応答があったのでそのまま依頼。
翌日昼前、修理開始。写真も幾つか撮ったのだが時間が経ってどこへ行ってしまったのやら、なので文のみなんだけども。

洗濯機排水漏れ

はじめは自分でホース買ってきて交換しようかと思っていたのだが、狭いところに重い洗濯機なのでどうにも接続部にたどり着けず依頼に踏み切ったのだが、水電行のおっちゃんは洗濯機前面パネルを外して接続部にアクセスしておった。おおぅこの手があったか。
今後はこれで、自分でいけますな。
費用はNTD400。他より高いがまぁよろしかろう、以後は自力でできるし。

洗面台排水漏れ

パッキン破れとかもっと重い問題かと思ったら、なんかもっとずっと簡単なことだったらしい。洗濯機修理の様子を見ていてその場を見ていないんだが、費用NTD300だったので簡単だったのだろう、と。
しかしココ、ティッシュペーパーっぽい紙だの歯ブラシだのがごっそり詰まっていた。どうやら入居前から漏れはあって、それらを詰めて対処していたっぽい。
修理でこの辺もスッキリできたので非常によろしい。

湯沸かし器漏水

一応、部品交換で修理はしたのだが漏水止まらず。交換した部品が適したものではないらしい。
合う部品はないということで修理不能扱い、費用は0。
少しばかり漏れる量が減ったので少々利点はあった。
これはアレだな、以前点火不良で修理した際に言われた「もうだいぶ古いし、危険だから次に問題が出たら交換すべきだよ」の時期が来た、って感じか。
給湯器は最低NTD5000くらいはするのでなかなかにきつい話ぢゃ。

トイレ流れっぱなし

これはひと目で、ユニット交換である、と。
そのユニットがNTD1500 – NTD2000するものなので、家主に相談して判断すべきだよ、とのこと。
家主殿とは、ワシが判断・手配してメンテナンスすべし、という内示を頂いているので相談の必要はないものの、NTD2000はちょっと悩むところなので保留。

以上、すべて直ったわけではないが割とスッキリ。
トイレは遠からず修理したいな。
湯沸かし器はどうすっか。元栓閉め忘れをしない限りはまぁ使えてはいるんだよなぁ。新品交換に踏み切れん。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

水回り整備 への2件のフィードバック

  1. lovetaiwan のコメント:

    久しぶりの更新、楽しみにしていましたよ。
    水漏れ問題は大変ですね…。

    以前うちも上階からの水漏れで大変な目に遭いました。
    2部屋&押入れが水浸しで洋服やら布団や掃除機などが駄目になってしまいました(保険で保証してもらいましたが…)

    しかし台湾では設備の故障であっても大家さん負担の修理ではないのですね…。
    でも洗濯機の水漏れと洗面台の水漏れで700元は日本で考えると激安料金ですね!
    給湯器も5000元なら日本では安いと思うのですがどうなんでしょうか…。

    しばらくは元栓を閉め忘れないように気をつけてくださいねww

  2. Pote のコメント:

    lovetaiwan様、こんばんは。

    > 以前うちも上階からの水漏れで大変な目に遭いました。

    10年ほど前、一時汐止に住んでいた際に、上階からではありませんがひどい雨漏りで苦しんだことがありました。
    家主の対応も悪くて期待できなかったので、契約満了のずっと前に問題アリを理由に切り上げ解約しましたねぇ。

    > しかし台湾では設備の故障であっても大家さん負担の修理ではないのですね…。

    普通一般的には、什器はすべて家主の責任と管理下にあり、問題が起これば大小問わずすべて家主に連絡し家主の手配で保守修理をするものではあります。貸借人は手配も費用負担も一切しませんしできません。
    私の場合その家主経由が煩わしいと感じ自分で手配したいと考えるもので、現在の家主様も事情からできれば物件の保守負担を下げたいと考えておられるようで方針が合うため、特殊な約束のもと借り受けている状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください