NCCへ

昨日だけども、製品の電波法処理でNCC訪問。9月6日で国内留保期限の切れる無線モジュール6個の延長or破棄手続きだ。
この6個はあと1回、最長1年延長できる権利が有るので普通なら延長するところだが、今までの試作・量産で破損と不良が11個出ているので、廃棄申請もやってみるべしと思いこの6個は破棄手続きをすることにした。

行き先はいつもの小南門、國家通訊傳播委員會(NCC)北區監理處。
目の前の重煕門が”ポケモンGo”のジムに設定されていて、1回挑んで1勝だけしてみた。別段面白くもないなぁ。

さて本題の廃棄申請だが、現在申請が詰まっていて20日まで受け付けられないのだとか。
まぁしゃーない。廃棄申請書をもらって、20日11:00の再訪問廃棄処理を予約してひとまず終了。

書き記すとこれだけなんだがここまでに少々時間がかかり、残り時間はあまりない。
しかしせっかく久しぶりに小南門に来たんだし、ということで遅い昼食をここで済ませることに。あまり時間はないこともあって、すぐ近くの傻瓜乾麵でサクッと済ませる。

バカ乾麺

少量の汁と麺にネギを散らすだけなので、そらもう即座に出てくる。乾燥だか揚げだかの唐辛子とラー油はテーブル備え付けのものを自ら追加。
非常に簡単だが、結構美味いんだなこれが。

傻瓜乾麵自体は大碗でもNTD50とまぁOKな値段だが、小菜がNTD35というのはちーと高すぎではなかろうか。次回以降は小菜は無しだな。

カテゴリー: 台湾生活, 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください