牽手/放手 全熟/半熟

今日は朝からDrone作り。0.6mm径の塩ビ棒に0.2mm径深さ3mmの穴をあける、というなかなかの苦行を久しぶりにやっていたのだが、やがて、ピーン、といい感じの音が。予備のないドリルビットを折ってしまったですよ。

なのでビットを調達してこなければならない。が、0.2mmなんちゅう小径は近所では売っていない。
まぁ、出かけますかね、銀行にもいかにゃならんし、というわけで作業中断外出決定。
銀行は捷運站のすぐ前なので捷運で行くことにする。と、候補は、西門町・台北車站・忠孝新生、のどれか。
大した差はないけど近いので西門町に行くことにした。

昼食は外で食べることにして、12:30に出発。
まずは雑貨屋に行って、あとでエントリ挙げる件で木工用ボンドや青塗料を購入。
銀行の処理は、時間はややかかったものの簡単に完了。パス変えられてしまったのでまた変更しないとな。やや面倒。

その足で西門町へ移動、0.2mmドリル刃3本購入。これであと2本折っても大丈夫。・・・いや、折るべきではないのだが。

この時点で14:30。腹減ったぞ。
何となくフライドチキンが食いたいな、と思ってその手の屋台が出ている所に行ってみたんだが、”沖縄料理”を自称する焼き餅や韓国餅の煮込みとかの店になってしまっていて、炸雞塊は無い。
んぢゃどうすっかな、迂闊なものに手を出すと高いしな、と思いつつ駅に向かいながら探していると、”富士宮やきそば”なる看板を出す店を発見。
おー焼きそばか、数年食ってない気がするな。というわけでいきなり決定。この”富士宮やきそば”でいくぞ。

看板は”富士宮焼きそば”と出ているが、店の名前は”(三代目)鳥良”というらしい。

(三代目)鳥良

から揚げも売っている。こりゃおりの良いことで。
しかし、焼きそばNTD60に唐揚げまでつけては高額な昼食になってしまう。
しかしまた折よく、セット”弁当”が発売記念NTD99だとか。結構な高級昼食になってしまうが、ならばそれで行くべし、とその弁当メニューを注文。

で、ここで問題というか笑い話が。
「牽手と放手、どちらにするか」と聞かれたのだな。うむ、何が何やらわからん。焼きそば食うのになんで手をつながにゃならんのさ。
聞き直しても同じなので、結局わからんまま流された。
暫し待って、出てきたものはこちら。

焼きそば弁当 NTD99

唐揚げは南蛮漬けのたれみたいな油淋鶏風。でもうまい。
焼きそばは完全に”焼きそば”だった。満足である。

さて上述の牽手/放手だが、Facebookに挙げたところすぐに台湾人の兄貴分でありパートナであり友人の方から応答が。
「全熟/半熟、ってことだな。愉快な。」と。
あとから思えばすぐに気付きそうなものだが、このときはまだ気付かず。「あぁ、卵の焼き具合をそうたとえるのかぁ」なんてボケをかます。
正解は、ワシの間抜けな聞き違いなんである。
まず、”全熟”と”牽手”が(ワシにとって)似ているので聞き違い。
で、それぞれに続く”半熟”と”放手”をハデに誤解。
というわけなんであるな。

いやー久しぶりにネタになるボケかましたぞ。
最近はダメなりに渡っていけるだけの慣れができてきたせいかあまりこういうネタ行動がなかったが、久しぶりにやったね。こういうのをやらないと、まともに言葉を学んでいないワシはコミュニケーション力が衰えるというのもあるしな。重要な局面で致命的な誤解をしないためにも、定期的に印象の強い派手な間違いもしないと。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください