暑いの

7月ですな。

帰国1か月経過なわけで、ボロボロでものすごい痒さだった体中の皮膚も完治し、最も重篤だった手もだいぶ良くなって、綿手袋は不要だし握手も応じてよい感じに回復。100gマイザー軟膏を使い切る前に治ってよかったなり。滞在延長とかなっていたらやばかったな。

2月14の東京駐在出発日までは13.5kgだった老犬、6月1日は入口管理員が絶句するほどガリガリのなんと8kgにまで減っていた体重も13kgまで回復。昨日は管理員から「おー回復したね」との言葉をいただいた。
足腰弱って常時よたよたで商談等でお越しの来客からも心配されるほどなのだが、まぁこれはたいがいの老齢なので仕方なかろう。

体重の問題はワシ自身にもあって、東京駐在出発までは63kgだった体重が6月1日には72kgと、とんでもない増量。まぁ増量は、駐在業務のやむなき諸事情で致しかたないし増量幅もとんでもないとはいえ納得できる。
特段大きな害もなかったので意識せずに1か月過ごしたのだが、現在70kg。未だ就寝/起床時間の乱れが直りきっていないのだが、それでも幾分戻ったな。
しかしだ、やっぱ以前より体が重く感じるし、この暑さではデブは不利すぎる。
52.5kgのやせ過ぎ時代ですら異常な汗かきで人から避けられるほどだったのでこれはいかん。ちょっとしっかり62kg(タニタ体重計曰くの適正体重)あたりにしようかと思っておるところ。

寝床でぐったり

暑くて、犬もこんな状態。ダラダラだ。抜け毛も多くてブラシと掃除が大変である。

なおオシゴトのほうは、いつもの通り問い合わせ案件豊富で受注契約なし状態。まぁまだ帰国して1カ月だし、以前のような重症とはいえないかもしれない。
それに、未契約ながら内定した案件3つがあるので、現状手持ち資金がなくなるまでには受注入金が受けられる。大コケしない限りは、だが。
2月から方針転換をしたので、その成果は出したいな。
内定案件以外にもできるだけ多く実現させて、構想している事も手掛けたいですの。

カテゴリー: 台湾生活, ペット パーマリンク

2 Responses to 暑いの

  1. 耳鼻喉科 のコメント:

    東京でのお仕事お疲れ様でした。ご本人の体重増加はステロイドの影響もあったかもしれません。ステロイドの主な作用の1つに代謝亢進というのがあって、経皮的にでも吸収された分は全身的な効果を及ぼしていたと思います。やたら食欲ありませんでしたか?

  2. Pote のコメント:

    耳鼻喉科様こんばんは。

    > ご本人の体重増加はステロイドの影響もあったかもしれません。

    斯様な副作用もあるとは。
    諸事情で24時間のべつ少しづつ飲食していたのでこの生涯最悪の不摂生のせいだと思っておりましたが、45日で9kg増量というとんでもなさは相乗的だったのかもしれませんね。
    すると帰国後の2kg減は薬を使わなくなったせいかな。となると目標値までの残る8kgは難航するか・・・

    この症状が発現したのは20年前で、以来移住までの12年間リンデロンVG/DPを使い続けている間に60kgまで増えたのも副作用の影響があったかな。
    ・・・いや、でも移住時に53kgに戻して、薬を使わなかった1年の後に63kgになっているから無関係かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください