台北帰着

一昨日27日に台北へ帰ってきた。
急ぎ月例処理を終わらせて3月5日に再度東京入りのつもりでフライトも押さえてあるが、ちょっと霧中な感じというか、確定と言い切れない感じ。2月末期日PIに対する支払いがなく、念のために出した様子伺いMailにも返信がないし。
まぁこの支払いをもって3月生活費に充てるので、支払いが間に合わなければ行かないつもり。チケット費が無駄になるが止む無しですな。

 

昨日は14:00頃に松山空港を出た。ほぼ空だけどカーゴ預けのケースがあったのでちょいと時間がかかった。
帰り着いたらまずは犬を引き取りに直ぐ出かける。バカ扱いされるのは承知だが、それでもこの老犬が生き残った唯一の親族なんで、状態が気になる。
まぁ冷静に考えれば、死にかけの年齢で動きもよたよたなので、預け先の病院にいたほうが安全ではあるのだが。

死んだり倒れたりはしておらず、元気に健在だった。が、

鼻梁擦り剥け

 

鼻っ柱ずる剥けだった。なんでも、ケージの柵に中から鼻梁をぶち当てて怪我したとか。
病院に預けられたのは数年ぶりだし、脱出帰宅を目論んだんだろうな。
オロナインHの匂いの軟膏をもらった。色がやや黄色いから亜鉛華軟膏的なものかもしれない。

日常生活は、やっぱり台北のほうがずっと楽で快適だ。
勿論現住所補正が相当大きく入っているだろうが、少なくともワシにとっては東京も深圳も厦門も成都も長居できない場所だわ。

そうそう、今日は近所でやっすい耳栓(8個NTD50)を買った。
東京でも探したんだが、何故か「音声は聞こえる」耳栓ばかり売られているんだよな。こちとら「音声をカットする」耳栓でフライト中のうるさい声を遮断したいのに。
帰りのフライトでは、女性2人同行の比較的若い日本のおっさんがワシの隣席ではしゃいで「機内食はなぜか美味いよなー」とか「大韓航空より良いな」とか「すごいキティへのこだわりだなぁ」とか延々大声で騒ぎまくりで辟易。で、次回以降に備えて耳栓を買ったわけで。

 

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください