北京からの帰国 → 民國102年春節

2月3日の北京以来更新無し。これは帰国直後から体調ぶっ壊れでエントリどころではなかったからってな感じで。
ということでまずは最終日、板橋帰還までを記しておこう。

2月1日夜 – 2月3日の宿は空港に近く、空港までの無料シャトルバスがあるそうなのでこれを使ってみる。まぁバスったってもちろんワンボックス車だが。
出発便は15:30北京首都機場出発なので、充分すぎる余裕を持って12:00に出発。雪と視界不良で事故とか数件見かけつつ12:30に首都機場到着。

KAコードでCAフライトだがNX機材、などという今回の行程の実績からすれば絶対にトラブりそうな内容だが、搭乗便のカウンタはCAカウンタでしっかり示されていた。まぁここまではOK、うまくいきそうにも思える。
が、そうはいかない。今回はとかくいろいろダメなのだ。
30分ほど並んで手番が来てみると、
「天候(雪)要因で1:20の遅れで香港での乗り継ぎに間に合わないのでKA(港龍航空)のカウンタで相談するように。」
ときた。あーまたこれだ、たらい回し。コードシェアだの機材流用だのやるのはともかく、事情の変化に対応できずに利用者を振り回すならんなことするべきじゃないだろ。
別業種から見れば非常識とはいえ彼等にとっては何ら非常識ではないので言っても無駄、やむなくKAカウンタへ。
すると、14:00出発のCX便に振り替える、と。この時点で13:00。パス出せとかe-ticket見せろとかやたら「早く早く」と煽られる。なんなんだよもう・・・

んでさっさと搭乗に向かうのだが、この首都空港、出国イミグレの後に手荷物検査。なんだこれ。
そして手荷物検査でいろいろ没収の憂き目に。盗られたものは、
– 携帯電話用パワーバンク(電池切れの予備外部バッテリ)
– 上着
始めは靴も没収されそうになった。靴は東京や香港でも引っかかったことがあるが、脱いで別に検査を通して通過したことはある。が、北京では没収だとさ。
香港・台北でずっと靴無しで動かすつもりかよ、勘弁せぇよ、とごねること15分ほど、なんとか靴の没収は免れた。
上着はまぁ、香港も台北も必要ないので諦め。パワーバンクも靴没収を免れるため供出。賄賂と思うしかないな。
出国が終わった後だから、ボーディングパス発行カウンタに戻って預け荷物にすることも出来ないわけで、いろいろ稼ぐために出国後の審査にしているのかな、とも思った。
ごねて切り抜けられるのはどの国でも一緒だな。ワシは成田でも問題ないはずの品物にいちゃもんつけられて騒動に近くなったことがあったな。確か過去エントリにも挙げた。

まぁ損害は大きかったが一先ず搭乗。が、なかなか飛び立たない。特にアナウンスもない。
んで、結局飛び立ったのは3時間後。皆良く耐えたな。
しかしだ、香港到着は20:15なんだな。もう飛び立ってるじゃないか。振り替えの意味なし。
で、どうすんのかと思ったら降りたとたんに「乗り継ぎ失敗者はこっちだー!」とか八百屋や魚屋みたいな呼び込みしているんだな。
それに乗っかって進むと折りたたみテーブルに発行済みボーディングパスがばらまかれていて、それぞれ渡されたり自分で見つけて持っていったり。もうなんか年末のアメ横以上の大混乱になっている。
そしてワシに割り当てられた便は21:20発。桃園到着は23:00頃、バス乗り場到着は23:30とすると、すぐ出発するバスがあったとしても永寧站到着が24:00。最終MRTにギリギリじゃないか。うむむ、今夜は帰れないかもしれんな。
などと思っていたら、更に出発が遅れて22:30発。こりゃもうダメ。

桃園到着は24:00。バス乗り場に着いたのは24:35。板橋站まで行って歩いて帰ろうかとも思っていたのだが、終バスは売り切れ満員で乗れないとのことで、桃園での夜明かし決定。
空いている出発フロアのシートで始発バスを待ち、結局朝6:00に板橋オフィスへ帰還、そのまま仕事。しかしその日の午後から体調を崩し、今に到る、と。
いやもう深圳出発以降、全てが滅茶苦茶だったわ・・・

そんなわけで今年の春節はすっかり寝春節、療養に専念している次第。まぁ春節でも仕事は休めないので”専念”でもないんだけど。
でもなかなか治らないのだよ。

まずなぞの皮膚炎のほうは、

謎の発疹

写真だと割と見やすいな。目視ではもっとグロな感じで、これが右足首にぶわっとできている。
あとは風邪の症状。どっちかと言えばこっちのほうが苦しい。

昨日になっても未だ治らず、これは今冬まだ薑母鴨を食べていないからではなかろうか、などと思い立って薑母鴨を食す方法を考えてみた。
まずあんなもん、店に行って一人で食うのは無理というもの。基本の薑母鴨だけになってしまい、きのことか野菜とか内臓肉とか食えないしつまらん。
同行できる友人は春節でいないのが普通。近隣にいたとしても春節なんだからそれなりに多忙に決まっておる。
じゃ持ち帰るか、とも思ったが、この体調不良で出かけるのも苦しい。それに残った分を冷蔵とか冷凍で次回に回すのもどうかというもの。
ここはやむなし、春節も通常営業の松青で冷凍薑母鴨を買って自宅薑母鴨だ。つけだれがないし美味くなさそうだが、やむなし。

冷凍食品薑母鴨

今回のモノはこれだ。ほか、きのこ詰め合わせとキャベツと豆腐を買ってきた。鴨心や鴨肝は残念ながら諦め。
小さいカップのものもあったが、あまりに少なそうなのでやめた。

鍋底準備開始

デカくて入りきりませんが。とにかくこのまま火にかけて解凍。
米酒を二碗入れる、と書いてあるのだが、”一碗”がどれほどの量なのか分からん。300ml入れてみたが、多かった。200ml以下で良かったと思う。

自宅薑母鴨

完成。匂いはなかなか宜しい。
味のほうは、酒が多いのを除けばまぁ薑母鴨。やっぱり三重や萬華、東湖にもあるあの薑母鴨の店のほうが遙かに美味いけど。

で、これが効いたのかどうか今朝から快方に向かったようで、今は痰と鼻水がすごい。でも体は楽になってきた。

そういえば散歩中に見つけたのだが、近所に”萬華”が屋号に付く薑母鴨の店が出来たのだ。

艋舺薑母鴨

艋舺は台湾が日本になるより前の萬華の字。つまりその名も”萬華薑母鴨”なのだ。
艋舺(ばんか)→万華(ばんか)→萬華(わんふぁ)、と、読みが優先されたり字が優先されたりして今の地名になっているそうな。
あの超有名店ではないが、老店ではあるようだ。
一度行ってみたいところだな。誰かと行ってみるのも良いが、思い切って持ち帰りしてみるのも良いかな。

カテゴリー: 台湾生活, 台湾ローカルグルメ, 海外行き パーマリンク

6 Responses to 北京からの帰国 → 民國102年春節

  1. fumiharu kida のコメント:

    いつも拝読させていただいております。 
    板橋在住の木田です。
    あれから更新されていないようですが、お体の方は大丈夫でしょうか?
    私もここに来て1年半になります。 簡単な食事も周りの食堂は飽きてきましたし、大きな食堂にはやはり二人以上じゃないとなー。 たまにはどこか外でという時は、いつも暇をもてあましていますので声をかけていただければ幸いです。 
    (60才手前の中年オヤジでよければですが。)
    *昨年末に自転車を買いましたのでXinpuからはすぐにかけつけれます。
    *1月で土日の中国語学校通いもやめ、台湾楽しみモードに入りました。
    以上考慮のうえ、良ければ連絡ください。

  2. ぷーさん のコメント:

    お体の具合でも悪いのでしょうか?
    大丈夫でしょうか?

  3. Pote のコメント:

    木田様、初めまして。
    異常な多忙・数回大陸出張・帰国の都度体調不良、と人並みの時間がとれず、エントリどころではありませんでした。

    > 大きな食堂にはやはり二人以上じゃないとなー。

    これはその通りですね。
    食べたいもの・行きたい店があってもダメなことは多いです。来客があるときがチャンスですね。

    今は昼食以外を摂ることはほとんどなく、人並みの時間に食事をとることも出来ないのですが、人並みになったら江子翠・新埔・板橋の”一人で行けない店”のチェックにおつきあいいただければ、と思います。

  4. Pote のコメント:

    ぷーさん様こんばんは。

    異常な多忙・数回大陸出張・帰国の都度体調不良、と人並みの時間がとれず、エントリどころではありませんでした。
    今も続いておりますが、体調も戻りつつありもうしばらくで人並みになれるのではないか、と思っております。

  5. fumiharu kida のコメント:

    ずいぶん久しぶりの更新でどうしたことかと思いましたが、
    安心しました。 
    まずは体調を戻してください。 
    では。

  6. Pote のコメント:

    木田様こんにちは。

    一先ず体調は回復しました。
    その間に山積した仕事の処理がものすごい量で大変ではありますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください