電子レンジ対応カップヌードル

突然”カップヌードル”を名指しで食べたくなった。
しかし”カップヌードル”はNTD60とかNTD70とかする超高級品なのでんなもな買ってられねぇ。香港日清、日清食品有限公司の合味道で妥協だ。
薄めだが味は似ているし、シーフードはかなり近いので宜しかろう。

んで、松青で合味道シーフードと、なんか前と変わった気がするエビ味を購入。
エビ味はちっこいエビと正体不明のミンチ塊が入っていて、ノーマルにあたるものになるのだろうと思う。

さて帰宅後、エビ味の何が違う感じがしたのか検分。

この製法下3種、電子レンジで時間短縮、が違和感の正体だろう。
湯を入れて1,2分とか、水入れて3分とか。
コンビニ店頭ではさっさと片付けたいし、良いのかもしれず。水から3分ってのはどうなんだろうな。わざわざこのために湯を沸かすよりは良いか。

これにあわせて側面の注意書きにも変更が。

左がエビ味。電子レンジ禁止マークがない。
右はシーフード。電子レンジ調理未対応パッケージなので電子レンジ禁止表示あり。

なおワシは今回も今後も”傳統煮法”を採用の所存。たいした意味はないけど。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください