外僑永久居留證申請 6 – 健康証明完了

前回の続き。
一昨日11/4、健康検査の仕上がり予定日に早速受領のため亞東紀念醫院へ再訪。今回は検診カウンタに行くのみなので簡単だ。
直接検診カウンタを訪ね、検査表受け取り。

結果は合格。これで費用や時間のかかる自分自身では用意できない申請書類は全て揃ったことになる。

ところで検査項目は、

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗体検査
エイズにかかっている/発症の素養ヴァッチリかどうかの検査。15歳以下だと検査免除。
胸部X線検査
肺結核の検査。12歳以下と妊婦は検査免除。
腸内寄生虫検査
これは検査免除。北米・欧州・ニュージーランド・オーストラリア・日本・南韓・香港・澳門・シンガポールの各国からの申請者は検査免除らしい。
梅毒血清検査
梅毒の検査。15歳以下だと検査免除。
麻疹・風疹抗体検査
麻疹と風疹の抗体の有無検査。予防接種証明があれば検査免除らしい。
ハンセン病検査
癩病の有無検査。

んでワシは腸内寄生虫以外の5項目を受け、全て通ったわけだ。
病院訪問の間に、総務スタッフに營利事業登記證・股東名冊・公司變更事項登記卡・經濟部投審會函を用意してもらった。
入出国日付証明書・滞在日数合計表・滞在日数聲明書は事前に連絡しておけば移民局で用意してくれるそうなので、早速連絡。
これで全てOK、11/8 11:00に飽きるほど通った移民局板橋服務站に申請に行くぞ。
14日で発行らしいので、11/25あたりに発行となるだろう。
申請費はNTD10000とかなり高額だが、これで準國民扱いとなり更新もなくなる/少なくなるし、運転免許証などの期限も3年だか5年になるので手数料や工数の節約にもなるというもの。

カテゴリー: 移住・転居 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください