外僑永久居留證申請 4 – 警察証明ほぼOK、のちがっかり

多忙で遅れたが、先般手続きした良民證と日本警察証明證明の引き取りに昨日着手。
着手ったって単に訪問して引き取ってくるのみなのでなんも厄介なことなどない。
午前は重要な仕事処理して午後出発、外交部に行って證明済み日本警察証明を引き取り、板橋の警察局に行って良民證引き取り。

こんな具合で、台日どちらも犯歴はないそうな。
日本では8年前に二輪との接触事故で左足首ねんざ1ヶ月の重傷と車両損壊を負わせ、指紋掌紋採られて裁判所で”罰金”を払っているので犯歴はあるけどな。5年から外れているから無し扱いなのか。
ちなみにその際免許取り消しになり、1年の欠格期間後取り直す際に必要になるという違反歴の証明書(再発行等不可)をもらって長らく取っておいたが、今探したら見つからない。度重なる転居でついになくしたらしいぞ。まぁ日本で運転免許取ることはないから良いけど。
更にちなみに年金手帳を見つけた。ますます要らねぇし。

日本警察証明は、中文訳文を作って公証する作業がある。が、それは来週として続いて病院。健康診断を受け、証明文書を用意せねばならないのだ。
きっと指定病院があったりできる病院が限られていたりするんだろうと思い移民局に問い合わせると、國泰醫院と中興醫院を紹介された。
この2つは隣あっているので、特に意味はなく國泰醫院に行ってみる。
すると、「検診は午前中扱いなので明日来るように」とのこと。残念。

で、本日。出直しで國泰醫院に行って検診を依頼すると、暫し待ったのち医師が出て来て、「皮膚科がないのでハンセン病診断ができないので不可」ですと。
ほんですぐ隣の中興醫院に移動、待ち番号札取って暫し待ち、受付で依頼すると、5階に行くべし、の指示。
5階に行って問い合わせると、再度暫し待たされたのち「外国人居留證申請のための検診はできない」ですと。
はーがっかり。この手の目に会わないようにするために事前に移民局に問い合わせているのに、全くの意味無しだ。

というわけで完全な空振り3連発。
とりあえず自力で調べたところ、馬偕醫院でできた実績を発見。
でもまぁ万事いい加減なことでどれほどの迷惑と損害と無用な手間が起こるか自覚してもらい是正させるためにも、再度移民局に問い合わせ確実にOKなところを紹介させるぞ。
でも自分でやる気力はどうにもわかないので、総務スタッフにやってもらう。台湾人だし、身近なところから自覚してもらおうぢゃないか。兼務大量のワシが業務を何日もとめると自身イタい目に遭うぞ、と。

カテゴリー: 移住・転居 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください