こりゃきつい

先週もかなり過酷でありましたわ。

まずは先述の大陸出張。

2日目は9:00起きで工場訪問。良くも悪くも普通の工場であった。渉外担当者の対応力も含めて考えれば上々なのでOK。
この日はスペインから長期出張中の方にも会った。噴火で友人の結婚式への出席が危ういとか。そりゃ痛ましいことであるが、本人は深圳生活が楽しくて仕方なく好きで残っていて噴火にはまったらしいので自業自得とも言えるな。
ほんでこの日もKTV、ガッツリ乾杯ラッシュだが昨日の経験でややコツを取り戻し、不眠で臨んだわけでもないので前日よりかなり楽であった。
それでも白酒とビール山ほどのんだが、ほろ酔い程度で収めた。

3日目はただの帰国移動日なんだが、サンプル受け取りに少々時間を要した。
ESサンプルを極力仕上げようとしたらしい。そんなん現状で良いのに。
香港では味千拉麺でラーメン食った。麺は固めでOK、スープはまぁ薄めだがアリ。しかし餃子はどの国の餃子でもなかったな。
珍しいことにゲート変更もなく、あとは普通に帰国。
17:30に桃園到着。同行スタッフと別れてワシはそのまま美麗信花園酒店へ移動、韓国顧客(候補)と打ち合わせへ。

打ち合わせは順調に終わり、夕食へご案内。
昼に散策ついでにデパート地下フードコートで猪血糕とか体験したそうで、まぁそんなら気にせずローカル食でも良いかな、ってことで、しっかり店構えてやや高級になっている快炒店を見つけてそこへ。
本当は九番坑にしようと思っていたんだが、いってみたら閉まっていて貸し出されていたのだな。一緒にビール飲みに来るあのおっちゃんがお亡くなりと聞いたので、店も廃業してしまったのだろうか。

快炒店ではまぁありきたりなもの数点。
韓国の方々にとっては日本同様やはり台湾=中国、はじめはかなり警戒されたが、一口目以降はOKだったようで何よりだ。
そしてその後、客人のご希望によりまたまたまたKTV。帰ってきた気がせんわ。
3時間そこそこに飲酒して帰宅。

翌日26日、まず午前中は内湖の取引先訪問。内容は説得だが、うまくいった。
すぐにオフィスに戻りスタッフと合流し、前日の韓国客人と共に竹北へ。
スタッフ同行させたのは大当たり。訪問先には別の顧客がいてそっちで話し合う必要があったり、電話だのチャットメッセージだのがガンガンはいってあまり同行客の案件におつきあいできなかった。
同行スタッフが居なければとんでもない不誠実対応になるところであった。
で、台北に戻ってKIKIで夕食。あまり辛くはなかったが、やはり四川料理の方が口には合うらしい。まーそうだろうとは思うんだけど台湾ではまず台湾モノを食ってほしいわけでこういう手配にしたのでござる。
続いてまたまたまたまたKTV。前日と同じ。今度は4時間で、また大陸に戻った気分。

27日はこの週に止まっていた業務の処理とか発送手配とかであっさり終了。昼飯食っているヒマもなしだ。

28日は土曜だが、未処理メールが数十件たまっているのでそれを処理。朝から日をまたいで今日までかかった。

以上、何とか処理待ちメールは8件になったところでひとまず終わり。
さて明日からはCOMPTEXウィーク。最近過酷な日常業務に加えて来客対応多数だろうな。

カテゴリー: 台湾生活, 国内旅行, 海外行き パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください