礁渓で地ビール

昨夜、唐突に宜蘭に行くことになった。

9/19に友人が結婚式をやるそうなのだが、その招待状を渡したい、というのが話のとっかかり。
彼は来週から2週間日本出張だそうで、おーそうかワシも2日間関東に行くぞ、なんて話をした。じゃあ最近会ってないから東京で会えないかとかいわれたんだが、今回(も)ワシと彼の空き時間は合わないのでダメだ、と。
それじゃ週末に宜蘭にビールを飲みに行こう、と。しかし今日である土曜日は中華電信の移転工事が来る(もちろん時間不定)のでダメだし、日曜に行くのはどうなんだ、ということになり、じゃーもう今夜行っちまおう、と早速行くことが決定。

目的地は礁渓。
そういえばかなり以前に礁渓に泊まった際、向かいによさげな地ビール屋があったがあそこか、と聞いてみると、まさにそこ。そりゃ行ってみたかったわけで断ろうはずもないわな。
19:00に後山埤站で待ち合わせ、宜蘭へ向かう。

車利用なので雪山隧道で一気にいけるわけで、1時間弱で難なく到着。
まずは夕飯を、ということで礁渓を通過、東門夜市へ。

同行の友人オススメのステーキ屋。

現物の写真はないが、牛ステーキNTD110を注文。
量がかなりのもの。うどんもついてかなりのボリューム。味もこしょうがきいて美味かった。満足。

んぢゃここでビールのつまみも買っていこう、ということで、これまたオススメという東山鴨頭。

美味いんだそうだ。確かに客の行列ができている。この夜市、来たことはあるけどこの店には気づかなかったな。

ちなみに夜市はこんな感じ。

通路は狭いぞ。飲食店はかなり多い。前回来たときは串焼きとか食べたんだっけな。

さて、いよいよメインの地ビール。
礁渓に戻って温泉ホテル街の件の店へ。

基本、オープンテラスなカフェなわけだ。いや、カフェっていうかコーヒー屋がビール作って売っている感じか。

この通り店名も『九號咖啡屋』だし。

光量不足でよく分からんし。カメラが正常ならもっと綺麗に撮れたのにな。
ビールは5種類ほどあったが、ドイツビールなるものにした。
味は台湾系ビールのあれ、バドワイザーっぽい薄いもん。でもやっぱりビールは生産国で飲むに限るわけで、美味かった。
東山鴨頭もうまかった。抜群の味付け。しかし味は美味いんだけど食べるの大変で食べるとこすくないんだよなアレ。

以上、飲んで食って台北帰還。國父紀念館站で分かれて捷運で帰宅。
宜蘭はこの間行ったばかりだが、仕事でもなく構えず遊びに行ったのはものすごく久しぶり。気になっていた地ビールも飲めたし、非常に満足であった。

カテゴリー: 台湾生活, 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください