中元普渡祭典

現在鬼月真っ最中。不動産屋や車屋や旅行屋や結婚コーディネート屋がヒマになる時期だ。
農暦7/1に”死者の住まう世界”の門が開き、7/29に閉門、となる。日本の盆と同じだが、この間先祖霊が帰省するということだ。
ただしこの開門で悪霊の輩も一緒に出てくるので、目立って彼奴らに目をつけられぬようにとおおごとを控えるそうだ。
でもって農暦7/15には、その悪霊のたぐいを鎮めるってことでイベントデー。それが中元節で、今年は8/24なのだな。

今日は農暦7/12なわけだが、中元節は平日なので皆が集まれるこの週末で中元節イベントをこなしてしまうところが多い。
ワシの身の回りでは、自宅もオフィスも今日がその中元普渡祭典。

一昨年、昨年と参加してきたが、今回はヴァッチリ稼働日なので今回はご容赦戴く。
でもちょっとだけ、見る程度だけ参加。

まずはオフィスの方。

オフィスのビルの拝拝大会。写真奥手に坊様が居て経を上げている。
神道の祝詞同様普通の言葉を節回して歌っているような感じで、何をしているのかわかりやすい。

で、続いて住居の方。

住居ビルの中元節拝拝。こっちはまだ坊様が回ってきていなかった。待機中。

とりあえず通りすがり程度に拝拝させて戴いて、今年は終了。とにかく今は仕事こなして契約とらんと。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください