急転直下

先週末は楽しかったが、どうも今週は日曜日からあまり良くない。
日曜日 : 疲れ果ててぐったり夜まで丸つぶれ。掃除もできず。
月曜日 : 契約更新家賃問題、仕事で見積り失敗の連絡。

うむ、出だしっから良くないのは良くない。
ということで今日は朝4:30から起き出してもぞもぞ動き始めた。三文の得を狙うのだ。

まずは仕事のほうだ。
見積り失敗だからってハイハイと諦められぬわ。もー無収入でヤバいっすから。
現時点で考えうるすべての見積り要素を詳細にまとめ、見積書形式ではあるが自分向けメモとして作成。
早く行きすぎると警備会社の電話が面倒なので7:00にオフィス入り、9:00を待って先方企業に電話連絡。
見積り失敗と思って気張って電話したのだが、
「あぁちょうど良かった。説明したいことがあるので連絡したかったんです。急ですが今日の16:00, 17:00に会えませんか。」
とのこと。おやま、ちょっと意外。
ともあれ16:00に訪問する旨伝えてひとまず終了。

んで会ってみますってぇと、
– キャンセル続発(不具合起因ではなく営業要因)で状況変更
– 大陸にいたのでMail連絡したかったが、ワシに発信できなかった
– 改善リストを作り、もめないよう頭突き合わせて見積りを作成・承認したい
とのことだ。
つまり『金額が箸にも棒にもかからんからダメ。でも直接知らせにくいな・・・』ではなく『改善すべき要素がよく分からんし、そこから協業したいな。でも連絡つかないなぁ。』ということであったらしい。
ワシのドメイン、金盾”Great Firewall”に拒絶される人民の敵だしな。まぁさもありなん。
この業務を紹介してくれた方(別ルートで2人いる)が手を回してくれたのかもしれないけど、それならば有難きことです。
これは、実績をつける意味でもとっておきたかったので、話が消えずにすんで実にほっとしたわ。

さて、これだけでも十分状況急転良好化今週は楽しいなぁ、なのだが、さらにもう一ついい話を戴いたのだ。

帰宅後Mailを確認すると、昨日も挙げた住居更新値上げの件で1件。
『今貸し出している物件が12月末に空くんだが、住んでみませんかね?』という内容。
それが、またいい条件を提示してくださっているのですわ。
某物件サイトにも出ているので詳細は伏せておくが、

– 家賃は現居同等(過去実績はその倍前後での賃貸)
– 広さはほぼ倍
– オフィスからの距離はほぼ同じ(板橋市)
– ペット禁止としているがうちの犬ならOK
– 必要とあらば12月頭からの入居も可能

おぉ、なんとスバラスィ! 前回の転居では本格始動からでも2ヶ月かかっているので、この残り日数で探すのは無理があるだろうと思っていたので有難いご提案ですね。

で、実はこんな条件もついていたりして。

– 家主殿は海外居住なので後発トラブルは自分で対処すること。
– 来年12月に事業が当たっていたらNTD36000(3000/month)一括追加すること。当たっていないなら結構。

普通は悪い条件なのかもしれないが、こりゃ好条件と感じるわけだ。
現在もそうだが、今まで、特に汐止のころは家主の怠慢が我慢ならず「もー自分でやらせろ!」と思い続けていたので、自分で対処・手配してね、というのは歓迎っすよ。
NTD36000の方はなんだね、ストックオプションっぽくて面白いじゃありませんか。外から目標つけられると燃えるね!

ちゅーこって、これは見逃せない。
早速返信を打ち、室内と設備を見せていただきたい旨お願いしたぞ。
お返事戴くのが楽しみだ。

ということで、今日の早起きの得は三文どころじゃなかった。夜明け前からの早起きだからバリューアップしたか。

カテゴリー: 台湾生活, 日本行き, 移住・転居 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください