天母で昼食

今日は所属を間借りしている会社、つまり法制上従業員となっている会社からヘルプ依頼があって、朝から某社での折衝会議に立ち会ってきましたのだ。
その所属を間借りしている会社は天母にあって、帰り着いたときにちょうど昼時であったため皆で昼食を、ということになり、その社長殿のオススメ店に行ってきたぞ。

天母住宅区だの内湖工業区だのは小綺麗過ぎてあまり面白みを感じないのでほとんど行かないので、天母で食事というのも数回しかない。記憶の限りで運動会カメラマン・母親来台の時以来の3度め。

店はこちら。

魯肉飯と意麺の湯麺を注文。
皆様それぞれ好みのメインメニューの他、多数のサイドメニューを我が老板が注文。
魯肉飯も意麺も美味い。しかし美味いんだがどうも味が上品過ぎる感じ。地理的なもんかのぅ。
我が老板は台湾人だが、こういうところは割と当てにならない。カッコつけでブランド指向なところがあるのだ。

とはいえ美味かったっすよ。値段も魯肉飯NTD25、意麺NTD40とやや高めな程度だし。満足でござんす。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください