うむ、二度目。

今日もLCDパネルモジュールの不具合調査でメーカーと折衝。
もちろん前回と同じメーカですよ。且つ今までの2週間も同じような話を進展なく繰り返しておった。というわけで今回4回目の訪問。

しかし前回3回目の訪問からは、前エントリで出てきたアホ営業窓口担当がやややる気を出してきた。
アホなのは嫌いではあるが、ゴリゴリ指示してやりゃ使いようもあるので何とかなる。
問題はやる気がない奴だ。こればかりはひとかどでも使いもんにならない。
なのでやる気が出たのは歓迎。今回も面倒だがストーリを考えて持ち込んだ。

・・・が、話を進めていく過程でそのアホ彼の上長というおばちゃんが出てきた。
これが酷過ぎ。

おばちゃん : 製品は『絶対に』正常。原因はユーザの使い方が悪いこと。どう悪いのかは知らん。
ワシら : 『絶対に』正常、なんてことあるか。不具合調査報告書に部品不良って書いてあるじゃないか。
おばちゃん : しかし『絶対に』正常。日本(ユーザ所在地)の環境が悪いんじゃない。
ワシら : 北海道から沖縄までの各県庁で使われてるんだが。日本は非対応ってことか。
おばちゃん : いーや日本でも『絶対に』使える。
ワシら : 『絶対に』正常なものが『絶対に』使える環境でなんで11%(日々増加中)もの不良が出るんだよ・・・
おばちゃん : ハイハイ無償交換部品支給、改修対応。OK?
ワシら : いやワシら原因調査に来てるんだが。『絶対に』OKなものになぜ部品交換や改修が必要なのさ。
おばちゃん : ムッキー! こんなに厚遇条件出してるのになんで食い下がる! 子供の面倒見ないとならないからもう帰る! バイバイ!!

何だこの生物は。
ちなみにワシ自身は、一言目の「製品は『絶対に』正常。」発言の時点でやる気なくして一言しか発しなかった。上記”ワシら”は皆同行者の発言。
ちなみにこの同行者の方、5年前から何度もこのおばちゃんと上記まったく同様の会話をしているそうだ。”厚遇しているのになんで”というのも毎度一緒、”子供の面倒みる”という理由で席を蹴ることまでもが判ついたようにいつも同じなんだそうだ。
加えて、帰りの車中で電話した日本の中間商社の担当もこのおばちゃんと話をしたことがあるそうで、まったく同じことを言っていた。
つまりこのおばちゃんはいつでもどのネタでもこういう奇妙な生物であるということですな。

窓口のアホの担当が最初に来た際に、
・ 我らがQCは絶対完全なので不良など有り得ない。
・ よって、不良サンプルの確認結果は”問題無し”。
なんて言っていたのもこのおばちゃんの差し金だな。

しかしここで方針変更。
アホの担当はやる気を出してきたところだったので、上長とはいえおばちゃんのやり口には困り果てていたので、この兄ちゃんを抱きこむ作戦に出てみた。
具体的には、
「もう定時回ったから一個人Poteとして話すが、技術面でこれこれこういう穴があなたの会社の報告にあるからとにかく君の会社の信用が心配なんだよ。」
と絡め取る。同行者も即同調してくれ、みっちり話して機密の回路図を出させてみた。
もちろん筋から外れているが、このメーカは調査する気も能力もないからワシら自身で調査するしか問題を収める方法がない。
彼が月曜まで忘れずにいてくれれば、回路図が届くはず。その入手経路は伏せて解析して事を収めるべし、ってことだ。まったくこのメーカたるや・・・。

でもどんな馬鹿で使えない奴でも3度は見てみねばいかん、が我がポリシーなので、あと1回までは社名は明かさないでおく。でも次々回があったらドーンと公開してダメさ喧伝するぞ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

4 Responses to うむ、二度目。

  1. penetall のコメント:

    読んでいて,「おばちゃん」と,時折TV Newsで出てくる,
    「カメラに向かって『高麗菜がこんな高いんじゃアタシら死んじまうよ!』なんてうるさく文句をまくし立てるおばちゃん」
    がダブってしまいました。

    台湾人の言い訳として,
    1.絶対に非を認めない。
    2.誰かのせいにして「自分(たち)は絶対に悪くない。」という。
    ってありますよねぇ。

    先日もお客様のところで,「台湾でモノを作るのって,大変ですか?」と聞かれて返答に困ってしまいました。「いい人と使えないバカの差が激しすぎて大変です。バカは社長の言うことしか聞かず客の立場を理解できないんです。」って言ったら,ゲラゲラ笑ってました。
    では!
    ※現在,訪台日程思案中。恐らく12/7?16です。

  2. Pote のコメント:

    penetall様こんにちは。

    > 「カメラに向かって『高麗菜がこんな高いんじゃアタシら死んじまうよ!』なんてうるさく文句をまくし立てるおばちゃん」がダブってしまいました。

    キレっぷりはあれと同様かも。
    ちなみにこのおばちゃん、子の面倒見る、とか言って席を蹴るのに気にして最後まで待っているという奇行もあって、それも毎度同じなのだそうで。
    気になるならキレなきゃ良いわけだが、奇妙な生物にはそんなこた思い付きもしないんでしょうな。

    > 台湾人の言い訳として,
    > 1.絶対に非を認めない。
    > 2.誰かのせいにして「自分(たち)は絶対に悪くない。」という。

    中国人もそうですね。他の民族は未知。
    話を聞く人間の比率で、台湾のほうがましかも。

    > 先日もお客様のところで,「台湾でモノを作るのって,大変ですか?」と聞かれて返答に困ってしまいました。「いい人と使えないバカの差が激しすぎて大変です。バカは社長の言うことしか聞かず客の立場を理解できないんです。」って言ったら,ゲラゲラ笑ってました。

    そーですなー。且つその2者は変節することもある、ってな感じで。
    時折「日本で起業するより楽だろ」とか『台湾で事業を起こしたいので相談』とか言われますが、日本でやって起動に乗らないならやめなされ、と返しております。
    実際起業決断から始動までの3ヶ月程の間に4人の日本人事業失敗自殺者がいましたし、在留起業者の人数から考えてこりゃ失敗率相当高いし失敗したらどうもならんほどボロボロになるんだな、と。
    海外の知己を使って日本で、というのが最良だと感じる次第です。

  3. wataru のコメント:

    お久しぶりです。

    > 1.絶対に非を認めない。
    > 2.誰かのせいにして「自分(たち)は絶対に悪くない。」という。

    日本文化から50年も離れて、蒋介石(中国)文化を50年も強制されていたたまものだ!
    と、戦前の日本教育を受けた方が、私より綺麗な日本語で話してくれました。
    日本時代も50年間でしたしが、蒋介石時代も50年間だけど、民主化されても、外圧が・・・・・、どうなることか・・・・・。

    ところで、日本製の液晶の部品が、沖縄経由で、有村産業の船で、恒温トレーラーが、何十台も運ばれてたけど、有村倒産で、どうなったのかな・・・?

    ところで_ところで、以前、epc900の注音の件で、おせわになりましたが、901も入手したので、900と901をまとめてXPを入れようと、こちらへ、おじゃましちゃいました。(701,900,901次はどうしよう?)
    「Windows XPをSDカード(SDHCカード)にインストールする」
     ( eeeJapan.com    http://www.eeejapan.com/windowsonsd.html )
    この方法は、901では、どうでしょう?
    以前に、701で、成功していますが・・・・。

  4. Pote のコメント:

    wataru様こんばんは。

    > 日本時代も50年間でしたしが、蒋介石時代も50年間だけど、民主化されても、外圧が・・・・・、どうなることか・・・・・。

    かなりの度合いで中華文化の悪いところを牽いていると思うんですなー。まだまだマシではありますが。
    で、日頃「中国のみならず他文化の悪いところを真似るな」と言い続けているわけですが。
    ま、悪いところは手っ取り早く楽なところだから真似やすいんだろうけど。自戒も込めて、気構えを持たないと。

    > この方法は、901では、どうでしょう?

    リムーバブルストレージで使おうと思ったことがないので何とも言い難いのですが、概ね手法は私の環境での導入法と似ているしいけるようにも感じます。
    しかしSDへの導入はいろいろいじることが多くて大変なんですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください