六丁目拉麺

今日も出勤である。今も室温30℃オーバー。暑いがな。およそ業務を執る環境じゃないがな。

でもって関係ないが、夕食は東湖にラーメンを食べに行きました。
今回も、前回と同じ2人で。


今日も列ができていますが、前回よりは少なめ。
今回は、前回の同行者がうまいと言っていた角焼拉麺にしてみました。
注文の際、前にいた人たちが加麺(大盛り)を頼んでいたので、折角なので加麺してみました。
加麺には半玉(NTD30)と一玉(NTD50)があるそうな。
私は半玉、同行の方は一玉の加麺で行ってみました。

替え玉とかじゃなく、一玉大盛りってのはどれほどすごいのが出てくるんじゃ、などと歓談しつつ待つことしばし、オーダーの品登場。

デカっ!

この写真は我が半玉加麺。卵や右上に添えたライターと比べていただきたい。
どんぶりの径がLピザくらいあるぞ!
一玉加麺もどんぶりは同じですが、もちろんこれより麺は多い。
味は大変結構でした。前回同様安心の味で、高評価の角煮も確かに翔太よりうまいかも知らん。
しかし量多過ぎ。次からはおとなしく加麺なしでいこう。ハラパンパンでございます。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください