はてさて困った – 解決への道程

昨日の『はてさて困った』で起こった問題、花蓮ホテルにカード決済を食らったのに予約がない件の続き。

念のためカード発行会社に確認したところ、決済はしっかりNTD1400で2件行われています。
やっぱりホテルの予約システムがしでかしてるんだよな。

で、確証を得たうえでホテルに電話。Mailはやっぱり黙殺されてるんで。
とりあえずつながるものの、電話に出た相手はシステムを把握していないようで、おまけに我が『ぼくしゃんしゃい』的中文では埒が明きません。
ひとまず電話を切って、さてどうすべぇかと思案していたところにおりよく我らが總經理の秘書が通りかかったので相談。
彼女は一応日本語ができるし、私の『ぼくしゃんしゃい』中文もなぜか面と向かっていると通用するので。

で、結局彼女にホテルに電話してもらいましたよ。状況は誤解なくバッチリ伝わりました。


まずホテル側の1度目の回答は、

– 予約が記録されていません。

そらそうだがね。だからNTD2800返してほしいって連絡しとるんだから。
これじゃ進まんね。

次、彼女の提案により再度カード会社に電話。
回答は、

– 昨日4件(台東ホテル・屏東ホテル・問題の花蓮ホテル2件)の決済があります。

そう、その花蓮2件。
決済取消・中止はカード会社側からはできないとのことで、決済情報(時間・決済番号等)を聞いてもう一度ホテルへ電話。

ホテル側2度目の回答。

– システムの確認をして折り返し電話します。

はいたのんます。ここまで来るのにだいぶ手間かかったな。
まっ、システムトラブルは間違いないところなのでしばし待って・・・

ホテル側3度目の回答

– 予約システムの異常です。修正して請求破棄するのできょう夕方以降にカード決済の再確認をお願いします。

と。これで片付きました。
結局自力ではダメでしたね。秘書小姐に頼りっきりだ。
やっぱきっちり中文学習しないとな。しかし受講料と就業時間の折り合いがつかぬわ。

カテゴリー: 国内旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください