端午節旅行計画

来月6/19は端午節。まーなんだ、5月5日のこどもの日なわけだ。
んでさらに、今年は6/18も國定補暇となっていまして、土・日とあわせて4連休なわけだ。

これはチャンスですよ奥さん!
前回の春節旅行では行程と日程の都合上とばした屏東最南端をおとすチャンスだ。

今までは間際に予定組もうとして思い通りに宿泊が取れなかったりしているので、今回はたっぷり余裕を持ってプランニングしますよ。


今回の目的は、
・ 台湾本島最南端、鵝鑾鼻に行く
・ 九棚大沙漠に行く
・ 夏至の北回帰線で太陽を見る
これだ。
鵝鑾鼻はやっぱほれ、行っとかないとさ。
九棚大沙漠というのは、屏東縣満州郷にある砂丘。tw_dot_com先生に聞いてから、次回は行こうと心に決めていた場所だ。
夏至の北回帰線上は、ほれやっぱりやってみたいっしょ影ぴったり真下。
だいたい真下はシンガポールで体験したけど、狙ってやることに意義があるのだ。
今年の夏至は6/22 3:06とのこと。日が合わないけどいたしかたない。
休みが取れれば6/21に行きたいところだが。

そうそう、もちろん行程は東周りスクーターツアー。安いし快適だし、満州郷あたりは2輪のフットワークはお便利だろうて。

台東市までの385kmは既に実踏済みなわけで、この辺のプランニングは省略。
わりと楽だったし、コストダウンを狙って1日で移動しますよ。

まずは道程と距離を確認。
台東康橋大飯店を基準に、九棚大沙漠を経由して鵝鑾鼻公園に至る設定としてみましょう。

TPlanJun1.jpg台東康橋大飯店-鵝鑾鼻公園 概略

TPlanJun2.jpg台東康橋大飯店-鵝鑾鼻公園 総距離

全行程は148km。大体東海岸をまっすぐって感じなんだけど、九棚大沙漠前後で山道があります。この山道は存外時間を食うことは春節に経験済みなので要注意かな。でも距離は短いので余裕ですな。
問題は恒春で1泊するか、日帰りで台東に引き返すか。
せっかくだから1泊しようかな。

ちなみに台東から九棚大沙漠までは108km、九棚大沙漠から鵝鑾鼻公園までが40kmという距離になってます。

TPlanJun3.jpg距離配分

九棚大沙漠までの1km毎に煩悩を落としていくのだ。
で、帰りはその煩悩を拾いたどっていけば台東だ。

行程はこんなとこですねぃ。
次、日程。

今回は帰りは夏至にできるだけ近づけたい。けどあんまり拘ると出張などで旅行全体がかなわなくなったりしかねないので、今のところはあえてそこは無視しておきましょう。
であると、
初日 : 台北-台東
2日目 : 台東-恒春
3日目 : 恒春-花蓮
4日目 : 花蓮-台北
これでしょうやっぱ。
3日目は台東に泊まることも考えたが、帰途なのに3日目と4日目の移動距離バランスが悪すぎるし、夜は花蓮のほうが楽しめるのでこれで。
4日必要なんだな。するとぴったり連休日程にはまるのでOKな感じ。なんだカンタンじゃないか。

カンタンついでに食べるものプラン。
初日 : 三仙台の焼きサンマ・東河肉包・台東のマグロ刺身
2日目 : 出たとこ勝負
3日目 : 太麻里エリアの鮮魚湯・液香扁食
4日目 : 出たとこ勝負
これだよな。
台東の鮪刺身、本当は鶏の丸焼き屋でまたそれも美味いわけだけど、量が多すぎるので刺身だけにしておく。
東河肉包はtw_dot_com先生の奥方にも「えー食べなかったの、おいしいのに」と言われすぅんごく心残りなので今度こそ大雨でもめげずに並ぶ!

さぁ、自分と犬それぞれの宿泊手配しようか。

カテゴリー: 国内旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください