虎の牙 青

ライトキワモノ飲料体験その2。

実はあれから2本飲んだ。たいしたことないのであっさり行きましょう。

維大力 : オロナミンC一様。デカビタC一様。おもろない。
蘋果西打 : リンゴサイダー。名前通り。おもろない。

はいっ、どっちも普通にうまいですよ、っと。
こりゃまずいぞ、ネタとしての危機的状態。

で、今日は最後の砦、老虎牙子 青缶だ。
・・・しかしこれ、前回の赤缶が普通だったからたいしたことなさそうな予感もある。

まぁともかく行きましょう。


今日は『老虎牙子』の青カン。
こやつ、主原料は『シベリアニンジン』。なんですかシベリアニンジンって。
種別的にはスポーツドリンク系を主張しておられる。

まずはグラスに注いでみる。

青くはない

PEPSI BLUE的な毒々しい青さを思い浮かべたが、りんごジュースみたいな色でした。

味のほうは至って普通。はちみつの効果か甘味はかなり強い。
缶コーヒーとかと同じくお菓子系飲料として常飲できる。

結論、「ノーマル」。あんま面白くなかったな。

・・・うきゃー! 文面までほとんど赤カンと同じぢゃないかっ!

まったくもって申し訳ない。
残るは沙士のみなので私が改めて語る必要もないようなもんだ。
いやぁはずしたなぁ。参った参った。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください